ハイドロキノン化粧品ランキング!口コミ人気はこれだ

ハイドロキノン化粧品ランキング!

シミや日焼けのない白い肌は、あこがれ。とはいえ、紫外線予防しても、気づくとシミがということが!そんな方の味方となるのが、ハイドロキノン化粧品です。

 

ハイドロキノンは美容外科や皮膚科でも処方される、強力な美白成分。毎日の美白に手軽に使えるようにしたものが、ハイドロキノン化粧品です。今あるシミへのスポット使用、予防のためには顔全体へと、使い分け。当サイトでは、口コミ人気をもとに、ハイドロキノン化粧品をランキング。自分に合うのはどれ?と迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

アンプルールの特徴

顔全体とスポットのWハイドロキノンでシミにさよなら。皮膚の専門家が開発した美白化粧品。薬用美白美容液を、朝と夜の化粧水後の顔になじませて24時間美白。気になるシミにはスポット集中美容液(夜用)を、化粧水前にポンポン叩き込み。ビタミンC誘導体&保湿成分配合。肌色が明るく、1つだけ気にしてたシミが薄くなった、との口コミあり。美容液2種、化粧水、美容液ゲルがセットの、限定トライアルキットは1,890円(税込・送料無料)。

価格 1,890円
評価 評価5
備考 美容液2種・化粧水・美容液ゲル

 

ビーグレンの特徴

独自の浸透技術でハイドロキノンを届けます。ハイドロキノンを独自技術で浸透しやすく。化粧水&美容液には、ビタミンC配合。夜用クリームのハイドロキノンが、シミを薄くし新たなメラニン生成もブロック。ライン使いで、今あるシミを薄くしていきます。そばかすが薄くなった、ベタつかず使いやすいとの口コミあり。洗顔料、化粧水、美容液、夜用クリーム、保湿クリームが入った、トライアルセットは1,800円(税別・送料無料)。

価格 1,800円
評価 評価4
備考 洗顔料・化粧水・美容液・夜用、保湿クリーム

 

濃厚本舗 ホワイトクリームの特徴

酸化しやすいハイドロキノンをフレッシュなまま使えるクリームです。いつものお手入れにプラスして、気になるシミに朝と夜2回のスポット使いで、美白を実現。白金ナノコロイド配合で透明感のある肌へ導きます。顔だけでなく体にも使え、色素沈着の改善にも。コスパがよい、ニキビ跡も薄くなりました、との口コミが。純ハイドロキノン2%配合なので、肌が弱い人はパッチテストを。

価格 1,296円
評価 評価3
備考 クリーム

 

ハイドロキノンの美白効果は本物か?

 

ハイドロキノンは、すでにアメリカでは美容成分として使用されてきました。使用の用途は、主に美白効果を期待したものだったのです。

 

日本ではここ最近になってポピュラーな成分となりましたが、管理が難しいことから医師の処方が必要でした。それが、2001年になって薬事法が改正されて、化粧品にも使用することができるようになったのです。

 

なぜ、ハイドロキノンは美白効果が期待できるのでしょうか。それには、大きく分けて2つの理由があります。

 

1つは、色素細胞であるメラノサイトに作用して、メラニン色素の生成を抑えることができるからです。メラニン色素は、肌を黒くしてしまう働きがありますので、シミが濃くなる原因を取り除くことができるということになります。

 

もう1つは、酵素チロジナーゼと呼ばれる、メラニンを生成する物質の働きを抑えることができるからです。メラニンそのものの生成が抑えられれば、おのずとシミを予防することができます。

 

つまり、最終的には美白効果が期待できると言っても過言ではありません。元々、ハイドロキノンはコーヒーや麦芽などに含まれている天然成分で、ゴムが酸化することを防止したり、写真の現像の際などに使用されてきました。

 

つまり、酸化防止の作用があるのです。弱点を挙げるとすれば、肌の深層部にまで作用することができないことでしょうか。とはいえ、肌のシミやすくみが目立ち始める前にハイドロキノンを使用することによって、年齢に関係なく若々しい美肌を保つことが可能となるでしょう。

 

ハイドロキノンとトレチノインの違いは?どっちが美白に良い?

 

肌を美肌に導く方法は、非常にたくさん存在します。その中でも、ハイドロキノンとトレチノインは、美肌に導いてくれる代表的な薬剤だといえるでしょう。

 

どちらも美白効果が期待できるものですが、どのような違いがあるのでしょうか。また、どちらの方が美肌効果が期待できるのでしょうか。詳しく解説していくことにしましょう。

 

一般的には、ハイドロキノンとトレチノインを併用した方が良いといわれています。ハイドロキノンは、すでに肌に出来てしまったシミや肝斑などにも一定の効果が期待できる他、シミ予防のために使用することも可能です。

 

一方、トレチノインは、肌の表面にある細胞を活性化させて、メラニン色素を排出させる作用があります。
また、使い続けていくと表皮や真皮が丈夫になるため、肌のハリを取り戻したり、小じわの減少につながることもあるでしょう。

 

このように比較すると、ハイドロキノンもトレチノインも両方使用したくなりますが、長期間に亘って美白を保っていきたいならばハイドロキノンがお勧めです。

 

なぜなら、予防効果が期待できるからだといえます。また、トレチノインの場合は、妊娠中の女性やこれから妊娠を予定している女性が使用することはできません。それだけではなく、肌に強い刺激を与えることになるため、肌が弱い女性は使用を避けた方が良いでしょう。

 

ハイドロキノンを含んだ化粧品は年々増え続けており、重篤な副作用などは報告されていません。そのような観点からも、ハイドロキノンの方が安心して使用でき、美白効果も期待できるでしょう。

 

ハイドロキノンは副作用あるの?

 

初めてハイドロキノンを使用するのであれば、副作用が気になるところです。果たして、ハイドロキノンは安心して使用できるものなのでしょうか。

 

実は使い方を間違えると、副作用を伴うことがあります。とはいえ、正しい使い方さえ覚えておけば、安心して使用できる薬剤でもあるのです。では、副作用を伴わない正しい使い方とは、どのような使い方なのでしょうか。

 

1つは、ハイドロキノンが体質に合っているか、パッチテストを事前に行うということです。ハイドロキノンは、非常に酸化しやすい物質として知られています。また、濃度が濃いハイドロキノンは、肌に強い刺激を与えてしまうのです。

 

そのため、使用する前に、必ずパッチテストをすることがポイントとなります。ただし、市販されているハイドロキノン入りの化粧品は、肌に強い刺激を与えるほどハイドロキノンが含まれていません。

 

この場合、パッチテストは強制ではありませんが、念のため肌に合っているか確認する意味でも行っておいた方が良いでしょう。

 

もう1つは、ハイドロキノンの使用後に、紫外線を浴びないということです。ハイドロキノンを使用した後に紫外線を浴びてしまうと、シミが濃くなる恐れがあります。

 

そのため、必ず日焼け止め対策を行った上で、ハイドロキノンを使用するようにしましょう。SPF20以上の日焼け止めがお勧めです。ハイドロキノンは、正しく使えば美白効果が実感できる成分です。事前に使用上の注意点を把握してから、取り入れるようにしましょう。

 

ハイドロキノン化粧品の使い方と注意点

 

肌を若々しく保つためには、美白ケアが重要となります。美白ケアといえば、ハイドロキノン化粧品と言われるほど、今やメジャーな商品となりましたが、どのように使うと効果が期待できるのでしょうか。

 

また、使用する上で注意点はあるのでしょうか。併せて詳しく解説していくことにしましょう。化粧品で使用されているハイドロキノンは、濃度が2%以下と義務付けられています。そのため、濃度が4%を超える医薬品とは違って、効果の表れ方が緩やかです。

 

具体的な使い方としては、最初に必ずパッチテストを行います。市販されているハイドロキノン化粧品であれば、お店でチェックすることができるケースもあるでしょう。ネット経由で購入する場合は、試供品やトライアル商品がないか確認することをお勧めします。

 

それから、ハイドロキノン化粧品を使用する際は、必ず日焼け止めが必要です。ハイドロキノンは紫外線に弱いことから、余計肌にダメージを与えたりシミを濃くしてしまいます。日中化粧が崩れた際は、こまめにメイクを直すようにしましょう。

 

最後にもう1つ使い方と注意点を挙げるとすれば、一旦開封したら早めに使いきるということでしょうか。ハイドロキノンは、熱や酸素、光などに大変弱い成分です。

 

ハイドロキノンが不安定な状態にならないよう、ボトルなどに工夫が凝らされていますが、それでも商品によっては冷蔵庫で保管するなど決まりごとが設けられていることがあります。

 

ハイドロキノン化粧品を購入した際に、詳しく解説された冊子や案内文などが同封されてきますので、一通り目を通しておくようにしましょう。

 

美白を目指すならハイドロキノンと一緒にビタミンC誘導体が含まれた化粧品を!

 

美白ケアをするなら、早めに取り組むに越したことはありません。しかし、早く効果を実感したいからといって、ハイドロキノンの濃度を高くすると肌へ強いダメージを与えてしまいます。

 

そこで、一緒に取り入れたいのが、ビタミンC誘導体なのです。ビタミンCが肌に良いということは、よく耳にする話ではないでしょうか。

 

しかし、ビタミンCのままでは、肌に浸透させることができません。そのため、後の研究で肌に浸透させるよう開発されたのがビタミンC誘導体というわけです。肌の奥まで浸透するため、ハイドロキノンと一緒にビタミンC誘導体を取り入れることで、より美白効果を期待することができます。

 

それだけではなく、ビタミンC誘導体には肌の酸化を防止する作用や、コラーゲンの生成を促す作用まであるため、肌がまるで生まれ変わったように若々しく変化していくのです。

 

ですから、ハイドロキノンが単体で含まれた化粧品を使用するよりも、ビタミンC誘導体も含まれている化粧品を使用した方が、更なる効果が期待できるということになります。

 

ちなみに、ビタミンC誘導体にも美白効果はありますが、ハイドロキノンと比較すると美白効果は劣ると考えていて良いでしょう。

 

巷では、ビタミンC誘導体ではなくビタミンCで十分という誤った情報が信じられていることがあります。しかし、誤った情報に振り回されてしまうと、美白が遠のいていくだけですので注意しましょう。

更新履歴