肌のくすみと表皮の関係性

肌のくすみと表皮の関係性

表皮がどの程度若々しく保たれているかによって、肌のくすみの出来具合いが変わってきます。また、巷で流行っている美白ですが、表皮をどのくらい白く綺麗に見せるかという点が、一番大切なポイントだったりするものです。

 

そのため、肌のくすみとは無縁の美白肌を手に入れるために、まずは表皮について正しく理解しておく必要があります。表皮は、全部で4つの層に分かれています。角質層、顆粒層、有棘層、基底層です。

 

基底層が肌の一番奥に存在する層だと覚えておけば、間違いないでしょう。肌は基底層で生成されて、2週間ほどかけて角質層に到達します。

 

そこで古くなった角質層と、新しくなった角質層がバトンタッチするのです。これがいわゆるターンオーバーと呼ばれているものですが、肌のくすみやシミはターンオーバーが乱れない限り最小限に食い止めることができます。

 

それが、ストレスや誤ったスキンケアなどが原因で、肌の代謝が低下し始めると、たちまち肌が老化し始めるのです。ということは、肌のくすみを予防したいのであれば、表皮全体のバランスを整えることが大切だといえるでしょう。

 

最近はハイドロキノン化粧品を使用して、自宅で手軽にスキンケアができるようになりました。ハイドロキノンを使うことによって、美白効果が期待できますが、肌を内側から蘇らせたい人に最適な成分です。

 

肌のくすみは、早めに解消へ乗り出した方が後々苦労しません。早速、自分の肌に合わせたスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか。