肌のくすみには種類がある?

肌のくすみには種類がある?

肌のくすみには、種類があることをご存じでしょうか。くすみ始めた原因がどこにあるかによって、解消方法が異なってきます。そこで今回は、代表的なくすみの原因について解説していくことにしましょう。

 

まず1つ目は、肌の汚れによるくすみです。古い角質層が溜まってしまったり、毛穴の汚れが原因となって光の反射によってくすんでいるように見えてしまう症状です。

 

2つ目は、メラニンによるくすみです。肌は、紫外線を浴びるとメラニンを生成します。これは、肌を守るために行われているものですので、正常な肌の反応だといえるでしょう。

 

しかし、肌のターンオーバーの周期が乱れてしまったり、古い角質層がそのまま残ってしまうようになると、肌がくすんでいくのです。

 

3つ目は、肌の乾燥によるくすみです。肌が乾燥してしまう原因はいくつかあります。ようするに、肌の細胞が水不足になっているわけですから、新陳代謝を高めながらターンオーバーを整えていけば良いのです。肌細胞が水不足で肌が乾燥すると、くすんで見えてしまうわけです。

 

この他にも、肌のくすみの種類はいくつか存在するといわれています。全てのくすみに共通していることは、古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまっているということでしょう。

 

レーザー治療などで無理矢理剥がすことも可能ではありますが、かなりの痛みを伴うことがあります。そのため、普段から肌のくすみ対策を行いたいのであれば、美白効果が高いハイドロキノン配合の化粧品を使用すると良いでしょう。